代表銘菓小男鹿の菓銘の由来

明治天皇御製
 月もいま のぼらんとする 山の端に
    たかく聞ゆる 小男鹿のこゑ

 「小男鹿」は、牡の鹿である。「小」(さ)は接頭語または美称あるいは小の意味と解されています。
「小男鹿」は、万葉のころから、古のみやびおの人々に愛され、その心を捕らえてきました。しばしば、和歌に歌われ、或るときは句によまれ、雅人の心を慰めてきました。銘菓「小男鹿」は、その様な牡鹿の姿と雅び男のこころをお菓子で物語ったものであります。
 是非、ご賞味ください。


美味しいお茶をおともに、日本伝統の和菓子で、心豊かなひと時をお楽しみ下さい。

写真中の銘々皿・楊枝は、商品には含まれません。

本  店 徳島市南二軒屋町一丁目 tel: 088-623-1118
Fax: 088-652-5677
地 図
徳島駅前店 徳島駅前一番町角 tel: 088-652-0383 地 図
アミコ東館店 徳島駅前アミコ地下 tel: 088-602-2024
蔵本店 徳島医大前 tel: 088-632-3282 地 図
富田町店  徳島市富田町2丁目 tel: 088-652-6397 地 図
阿南店 徳島県阿南市駅前通り tel: 0884-22-1206
高松店  高松市兵庫町1丁目三越前  tel: 087-821-3697 地 図